FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.02.27 23:08

今日は特に何もなかったです。
最近ずっと入試対策でプリントやってるので、授業よりかは楽です♪
あ、数学のテストだけ返ってきた。
点数は……まあそこそこでした。

昨日で銀魂の吉原炎上篇が終わってしまったので、少し寂しいです……。
神威の声がかっこよかったなwwwwww!
神楽ちゃんもかわいい!!
私はまだ銀魂の最新刊を読んでないので、次回の内容はあまり知りません。
早く読みたい……。でも入試があるから!パソコンしてるけど!!

それでは自作小説です。





  ~天使のお仕事2~

   【 1 】


 周りを見渡すと、白いじゅうたんがどこまでも続いている光景の中に自分はいた。
 鈴蘭の花だ。
 鈴蘭の花が白いじゅうたんを形作っていたのだ。
 そこはとても温かい空間で、そのまま溶けてしまいそうなほどの柔らかな雰囲気だった。そして、幸せで満ち溢れているすばらしい場所だった。
 心が愛でいっぱいだった。これ以上の幸せはないと思った。
 急に小さい頃に初めて鈴蘭を見たときのことを思い出した。しかし、そこの光景ではない。
 初めて見る場所だった。なのにどうして、懐かしさを感じるのだろうか。
 隣にはいつのまにか自分と同じくらいの年の男の子がいた。その子は私を知っているらしかった。誰なのだろう。自分に優しく微笑みかけてくれていた。
 「約束だよ。」
 聞き覚えのある声だった。
 「いつでも、どこにいても、約束だからね────」
 その子は私に何か大事な約束をしてくれていた。約束とはどんな約束なのだろう……。
 顔を見ようとしているのに、なぜかぼやけて見えない。見ようとすればするほど、それはどんどん遠くへ行ってしまう。知っているはずなのに……。
 一体誰なのだろう────


   ジリリリリリリリ
 鈴香はいつものように目覚まし時計のベルによって目を覚ました。
 目をつむったまま時計のベルを止め、眠そうに目をこすりながら上体を起こし、大きなあくびを一つする。
 体を伸ばしてから自分の部屋を出るとき、ふとさっき見た夢のことを思い出した。
 あまりはっきりとは思い出せないが、謎の多い夢だったなあと考えてから、その夢については深く追究しないことにした。
 鈴香は朝食を済ませて、急いで学校へ向かう。
 このとき鈴香は、まだこれから起こる大きな変化にまったくもって気づいてはいなかった。
 あの夢が全ての予兆であったということに────。




あ……(^_^;) またあんまり進まなかったかも。
でももう結構先まで文章はできあがっているんですけどね。
載せると長くなっちゃいますね。
皆様!ぜひご感想を!((笑
関連記事

| 自作小説 | コメント(3) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

前のコメで忘れたんですが自分もリンク貼っていいんですかね??

| 朔夜 | URL | 2009.02.28 20:59 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2009.02.28 17:09 |

銀魂良かったです!!!!!
日野さんやばいですよね!! 日野さああああん!!!!
かっこいいよぉおおお!!
なんか銀魂見てるといろいろとムラムラします←


あ、小説いつも読んでます!!!!!!!
続きが楽しみですっ!


受験終わるまでお互い頑張りましょうね!!

ではまた来ます~

| テレか | URL | 2009.02.28 00:13 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。