FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.30 19:29

(神田口調1週間バトン1日目)

ここの管理人がうるさいから仕方なく載せるぞ。
今回は俺一人だ。……別に寂しくなんかねーぞ!



  ~仲間11~

リ「ん~…。あれっ?!神田?!神田がいないわ。どこに行ったのかしら。とにかく探さなきゃ。」  
バーンッバンッ
リ「はっ!!アクマだわ!!あれは…神田?!」 
神「お前…起きてたのか。」
リ「うん。目が覚めたら神田がいなかったから…。」
神「ったく、すぐ探すんだな。」
リ「うん。なんか不安になって…ごめんね、迷惑なことして。」
神「……」
リ「…ど、どうしてアクマがいるって分かったの?!」
神「分かったんじゃない。ちょっと歩いてたらアクマが出てきたんだ。」
リ「いつもそうやって見回りしてるの?!」
神「フンッ。気晴らしだ。」
リ「へぇ~。偉いね、神田は。」
神「ハァー。…お前らが無防備過ぎるんだよ。」
リ「うん。確かにそうよね。アクマに寝床を襲われたら危険よね。」
神「ああ。さっきの戦闘でおそらくアクマに俺たちの居場所が知られただろうから、しばらくしたら大量のアクマが襲ってくるだろう。」
リ「えっ?!そんな…。まさか神田、1人で全てを片付けるつもりだったの?!」
神「わざわざ起こしてまで一緒に戦う必要はないだろ?!」
リ「でも、大量のアクマを1人で破壊しようだなんて…。無茶だわ。」
神「俺はそう簡単には死なねーし、死ぬつもりもねーよ。」
リ「そう言ったって、無理してることに変わりはないわよ。」
神「無理してでも、任務は果たさなければならないものだ。」
リ「そうだけど、私が言いたいのはそんなことじゃないの。もう少し、私達にも協力させて。全てを1人で抱え込まないで。私達は、1人で戦ってるんじゃない。仲間がいるんだから。」
神「その仲間を守るためにお前は戦っているんだろ。」
リ「うん…。」
神「ならお前は、俺と同じ状況だったとき、どうするか?!仲間を起こすか?!」
リ「えっ?!えーっと、それは…。」
神「結局お前も俺と同じなんだろ。」
リ「…考えてみればそうよね。私も、きっと1人で戦うと思うわ。」
神「お前は、仲間を大切に思うあまりに自分を犠牲にしすぎなんだよ。」
リ「あら、それを言うなら神田もでしょっ?!」
神「フンッ。俺は最初から仲間意識なんて持ってねーよ。」
リ「えー?!嘘つかないでよ。」
神「俺は嘘はつかない。」
リ「だってアレンくんといつもけんかしてるけど、本当は大切な存在だと思ってること、私は知ってるよ。」
神「そんなこと思ってるわけねーだろ。」
リ「…多分、弟みたいな存在なんだと思うわ。」
神「……チッ」
リ「ねっ?!そうでしょ?!」
神「ま、まあ、弟と言えば弟みたいなものだが…。危なっかしいしな。だが、俺はあいつに助けられてしまった。立派な兄とも言えない。俺はもっと強くなる。一人でも立派に生きていけるようにな。」
リ「神田……」
ア「まだそのこと気にしてたんですか?!」
リ「アレン君?!いつの間に…。」
ア「いえ、聞くつもりはなかったんですけど、目が覚めたら声が聞こえてきたんでつい…。」
神「要するに盗み聞きだろ。」
ア「違いますって。…神田、神田は僕の大切な仲間であり、僕のお兄さんです。仲間は、家族は、お互い助け合って生きていくのが当たり前なんです。だから…」
ラ「俺達がピンチの時も助けてくれよな、ユウっ!!」
ア「ラビ!!」
ラ「3人そろってこんなところで何してたんさー?!」
リ「何にもしてないわ。ただの神田のたわいない話よ。」
ラ「ユウの!?俺も聞きたかったさー。」
神「聞くな。」
リ「アハハッ。神田ったら~。」


 キュィィィィン
ア「みなさん、すごい量のアクマがこちらにやってきます。」
神「来たか。」
ラ「んじゃ、行くとしますか。」
リ「ええ。」




……また俺のキャラが壊れてるな。
そんなにデレは多くねーんだよ。
管理人の好き勝手にしやがって……ブツブツ
まあいい。長かったこの小説も次回で最終話だ。
終わり方に期待できないが……。

これで任務は果たしたぞ。
読んだ奴は感想くれよ。
くれないとたたっ切r((殴
関連記事

| Dグレ小説 仲間 | コメント(5) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

由宇璃

小説読んでくれてありがと!
そんなっ!!ぜんぜんまだまだだよ。

由宇璃も小説書いてるんだー(^^)
それはぜひとも読みたいなっっ☆
また読みに行くね!!
コメサンクスッ(^o^)

| 水 | URL | 2009.03.30 22:59 |

小説よんだぁぁぁ!!
僕も色々と小説書いてるよぉwwノノ
僕のブログのリンクとかプロフのトコに[輪廻の誘惑]ってトコw

でもすごいうまいねぇーww

| 由宇璃 | URL | 2009.03.30 22:40 |

<<コメ返

<<沙羅さん
読んでくださってありがとうございます!
原稿は一応最後までできていて、載せるだけなので今は楽なんですよっっ(^^)
でも他に作ってる小説は挫折しちゃいそうです……(T_T)

いやー神田はデレが多くないと話し進まなくて…(^_^;)
まあ、デレ多めの神田好きですけど?((笑
神田口調きついけどなんとかやりきりますっ!!

ブロ友申請ありがとうございましたっっ!!
うれしいです(^^)/
これからもよろしくお願いします☆
コメサンクスでした~♪


<<珊瑚
うわぁぁぉっっ!!最終回を残念に思ってくれるなんて思ってなかった($'∀`◎)
すんごいうれしいよぉwwww(+喜*'v`★)
珊瑚もがんばれっ!!

神田口調いけそうかな?!
あ、珊瑚に口調バトンを骸で回しておいたよ!
良かったらやってみてね☆
無理ならやらなくてぜんぜんいいからね!!
コメありがとでした(^^)/

| 水 | URL | 2009.03.30 22:22 |

小説読みました。
すごく面白い!次、最終回ってのが残念・・・。
私もがんばって書かないと。

神田口調ならいけるかも。

また、来ますね。

| 桜美 珊瑚 | URL | 2009.03.30 21:36 |

ざっと読ませて頂きましたw
いや、お疲れ様です。
小説ってなかなか最後まで続かなくて
挫折したり、忘れたりしちゃうんですよねー。

「デレは多くねーんだよ」って
もうその時点でデレt(ry

神田口調で1週間!?
私なんかやったらネタ尽きて
そのうち「モヤシ」しかいわなくなりそうな・・。

| 今宮沙羅  | URL | 2009.03.30 19:58 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。